がんばるんば(^^♪

アクセスカウンタ

zoom RSS リンパ球を増やさなきゃネ。

<<   作成日時 : 2008/01/25 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

自律神経の支配が、血液、特に白血球のリンパ球、顆粒球比率にまで
及んでいるという事実です。


「交感神経緊張は顆粒球を増やし、リンパ球を減らす」

顆粒球(主に好中球)は、主に細菌処理を受け持ち
(キズが化膿した時のウミは、その死骸)、
リンパ球は免疫反応によって、ウイルスや新陳代謝により生まれる
「異物」(「がん」もその一つ)の処理を行なっています。

白血球の成分
マクロファージ 5%、
顆粒球    60%、
リンパ球   35%です。


バランス
顆粒球が54〜60%、リンパ球が35〜41%

<リンパ球 >
30%以下になると、体に何らかの異常が生まれ
        20%以下になると、組織障害の病気や「進行がん」が生まれ
  10%を切ると「末期がん」状態となり、
         0%が…。


過労やストレスにより交感神経緊張が続くと、顆粒球が正常範囲を超えます。
(相対的にリンパ球は減少することになります。)


<顆粒球>
細菌の感染を防いだり、上皮の再生を促したりする大切な働きをする。

増えすぎると全身の血流障害を引き起こします。
増えすぎると組織障害を起こし、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、関節炎などの自己免疫疾患や、
顆粒球が死ぬ時に出す活性酸素で「がん」を引き起こすことにもなります。



リンパ球を増やす生活を、心がけたいですね。


メモでした。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ノロウイルスの症状
ノロウイルスの症状や潜伏期間・感染症・原因・対策・予防を解説。ノロウイルスはウイルス性食中毒の主要な原因ウイルスでここ数年で患者数が急激に増えており、生カキの喫食に起因する食中毒事例がよく知られています。ノロウイルスはウイルスに汚染された飲食物を口にすることで感染します。ノロウイルスに感染しないためにも効果のある予防対策を施しましょう。 ...続きを見る
ノロウイルスの症状【潜伏期間・感染症・原...
2008/01/26 08:43
活性酸素とは? その4
〜外出中も抗酸化しよう!活性酸素対策チェック〜 ...続きを見る
☆Aqua Arctica☆,リンパ球を...
2008/01/27 16:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンパ球を増やさなきゃネ。 がんばるんば(^^♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる